妖怪の紹介

鬼イラスト


由来

「鬼」という字
鬼という字は「おに」と読むほかに、「かみ」「もの」とも読むことがあります。この文字は、人が顔を覆った姿、死んだ人の姿をあらわした象形文字で、中国ではgui(キ)と読み、人間の霊魂や亡霊という意味です。
「おに」という日本語
日本語の「おに」の語源は諸説ありますが、隠れているものという意味の「隠(おぬ)」という言葉から来たという説が有力です。つまり鬼は古来、特定の姿ではなく、目に見えない霊的な存在一般をさす言葉であったのではないかと考えられます。
鬼とひとくちに言っても、様々な怪異が当てはまるということです。

姿と特徴

「人型で頭に角があり虎皮の褌をしている恐ろしい形相」
これは、丑寅の方角を鬼門と呼ぶことからできた姿ではないかとされます。姿の無い時代からの変遷は様々で、人型で翼がある、毛深い、蓬のような髪、赤色、緑青、紺青、など様々な姿が描写されます。 室町時代成立「大江山絵詞」(有名な鬼、酒呑童子の登場する最も古い絵巻物)で、酒呑童子は頭に角が生え、裸姿で恐ろしい目をむいている姿で描かれています。現代に通じる鬼の姿ですね。しかし、その家来の鬼は半人半獣など、鬼の姿が定型化する以前の形を残し、金棒などの武器を持っていて興味深いです。
この「酒呑童子」の話は南北朝時代にはパターン化された物語として定着していたようで、この頃から現代に通じる姿が完成しつつあったと考えられます。

天狗

天狗イラスト

由来

日本書紀に、空を飛ぶ得体の知れないものを「天狗」だと言う部分があり、初めて天狗という言葉が登場します。この天狗という言葉は大陸から来たもので、尾を引く流星や彗星の事を指す言葉です。司馬遷の「史記」には、奔星(流星)の墜ちた所には狗の様な生き物が見られると記されていて、この「天の狗」から「天狗」となりました。

姿と特徴

鳥の嘴と翼を持った鳥類姿の天狗
この姿の天狗が活発に活動したのは平安時代です。この頃の天狗にまつわる伝承の多くは、比叡山、仏教天台宗にかかわるもので、仏法をおとしめるなど仏教に敵対する存在として描かれています。
鼻の高い天狗
この姿は、山で修行する山伏、修験者のイメージと合わさったものと考えられます。修験の道場のある霊山にはそれぞれ天狗がいて、名前もあります。江戸時代中期「天狗経」によれば、京都の愛宕山の太郎坊を筆頭に、比良山の次郎坊、鞍馬山の僧正坊、比叡山に法性坊…などなど、霊山には合計四十八天狗がいると記されています。
この二つの特徴を持つ、鼻高で翼のある天狗の姿も多く見かけられます。これは過渡期の姿の天狗で、中世から近世にかけての時代に活動していました。

河童

河童イラスト

由来

河童とは主に水辺にまつわる怪異をさすとされます。全国各地にあり、それぞれの土地でそれぞれの名前が付けられていました。河童をあらわす方言は四百種以上あるといわれています。
江戸時代に印刷技術が発達すると、黄表紙本などが全国の人々に読まれるようになります。このときに、各地の様々な水の怪が江戸方面の方言である「カッパ」という名前に統一されていったと考えられます。
江戸時代は空前の妖怪ブームでした。この現象は他の妖怪にも当てはまるのではないでしょうか。

姿と特徴

姿
江戸時代の流行により、呼び名や頭の皿、背中の甲羅などの姿形も定まっていったようですが、本来は各地の土着の姿をしていたと思われます。各地の伝承には赤い色、猿のような姿、子供のような姿などがみられます。
特徴
各地の方言を調べると、河童もしくはその類の怪異に対するその土地特有の解釈が見られます。
「メドチ・ミンツチ」系…蛟(みずち:水の神とされる)からきた名前
「カワッパ・ガワロ・カワタロウ」系…川の童・子供という意味
「ヒョースベ」系…鳴き声からきた名前
また、山と川とを行き来し、山と川では名称が変わるというものもいます。さらに季節で移動するという話もあります。

座敷童子

座敷童子

由来

子供の姿で旧家や豪家の座敷や蔵に現れます。主に岩手県を中心に、東北地方に伝わる話です。座敷童子が居るとその家は栄えるが、出て行くと衰えてしまうといいます。
座敷童子の由来は明白ではありませんが、かつて口減らしのために新生児を間引いて室内に埋める風習があったそうです。
部屋の一画に子供部屋を作り、菓子や玩具を置いて座敷童子に居ついてもらう、という風習が残っていますが、これはそういった子供を祀る、鎮魂の風習からきたのではないかと思われます。

姿と特徴

姿
座敷童子の姿は、三、四歳くらいの子供、赤い服や顔、または色白、時には十七、八歳位の娘など様々に伝わりますが、共通するのは子供の姿であるということです。
家の人をくすぐったり、畳の縁や床柱を走り回ったり、枕を返したりといういたずらをするといいます。また、子供にしか見えないとも言われています。
特徴
座敷童子が家に居るとその家は繁盛していきますが、座敷童子が家から居なくなると、とたんに衰退してしまうのだそうです。
「遠野物語」に、座敷童子が去った家の家族が毒茸を食べて全員中毒死する事件が起こり、その家は滅びてしまった話があります。また、評判が悪くなった旧家から座敷童子が出て行き、働き者の家に移ったという話もあります。居つく家を自分で変えているようにも見えますね。
しかし、衰えてきた家から座敷童子が泣きながら出ていったという話もあります。