フリーウェアのペイントソフトpixiaによるイラストメイキング。
背景なしで、ミツロウソクの人外(3頭身)を描いていきます。

下書き

ファイルを新規作成して、最初からあるベースレイヤーに下書きを描きます。

顔の位置と向きを丸と交差した2本の曲線で決めて胴体のアタリをとり、
それから顔の輪郭を描き、目、鼻、口、や服を描きます。

下書き

服のデザインが複雑なものの場合、胴体のアタリと別の色で下書きを描くこともありますが、今回は一色で下書きを描きました。

ちなみに、この作品はWeb上で公開することを想定しているので
解像度はデフォルトの96dpiです。

ページ先頭へ

主線

下書きレイヤーの上に新しく一枚レイヤーを作成して、下書きをなぞっていきます。

線の太さは下書きと同じ3pxで、服のしわや細かい部分は2pxで描いています。

主線

あと、目、鼻、口は別レイヤーに描いています。
修正するときに、顔の輪郭も一緒に消さないようにするためです。

ページ先頭へ

ベース着色

着色に入る前に、主線レイヤーの下にレイヤーを新規作成して、薄紫で塗りつぶします。 主線からはみ出た明るい色を消す時にはみ出た部分を見つけやすくするためです。
pixiaにはマスク機能がありますが、主線の太さが3pxだとなかなかきれいなマスクレイヤーを作成するのが難しいのでマスク機能を使いません。

色ごとにレイヤーを作成してベースの色を塗っていきます。

ベース着色途中経過

画像はレースの着色を終えたところ。
ベース着色完了した時点でレイヤー枚数が10枚超えました。

ページ先頭へ

影・ハイライト

新規レイヤーをベース着色レイヤーの上に作成して、表示モードを「乗算」にします。
このレイヤーに影を描きます。
影着色に使う色は明るい灰色。時々表示モードを「重ねる」にして、はみ出した部分を削りながら描いていきます。

影ができたら次はハイライト。影レイヤーの上に新規レイヤーを作成して、表示モードを「ハイライト」、にします。
色を白にしてハイライトをつけて……みたところ、
白が強すぎたので透明度を30くらいに調整しました。

影・ハイライト

毎回影やハイライトをつけるのは苦労します。
光源はどこにあるんだ?

ページ先頭へ

仕上げ

仕上げにレイヤーを結合して適当なサイズに縮小します。

下書きと薄紫一色のレイヤーを非表示にしておいてから
「イメージ」から「レイヤーの結合」を選択します。
「非表示レイヤーを破棄して結合」と「新規ファイル作成」にチェックを入れて結合します。

レイヤー結合でできた新規ファイルを任意の形式で保存します。今回はpngで保存しました。
これでpixia上での作業終了。
pixiaにもイメージサイズを変更する機能がありますが、あまりきれいに仕上がらないので、縮小はJtrimで原寸大幅700px高さ700pxを幅500px高さ500pxに縮小して完成。

ページ先頭へ

完成品

これがメイキングの完成品。イラストページでも公開しています。
色々と手直ししたいところがありますが、手に負えなくなりそうなのでこれでひとまず完成としておきます。

完成品

……えっ、この子の名前?
描いた当初はまだ決まっていませんでしたが、さらに怪しい人名辞典を見ながらあれこれ悩んだ末に「アウレーリア(Aurelia)」に決まりました。

ページ先頭へ