ステップ4

▽加工して遊ぼう

加工

拡大すると塗り残しがちらほら見つかるので、頭が痛くなります……

気を持ち直して、まずは線画の調整です。
線が少し浮いている気がするので、線画レイヤーの不透明度を下げて馴染ませます。

加工

若干薄くなりました。
他にも線画の色を変えたりなど、調整の仕方もいろいろ試してみてください。

加工

1番上にレイヤーを作り、目に白を入れました。
目の下の部分と髪に、オーバーレイで光を出します。
他のキャラも同様にして調整します。これだけで生き生きして見えるので一安心。

加工

細かい調整が終わったら、残すは全体の調整です。
1番上にレイヤーを置き、白で塗りつぶし。
オーバーレイをかけ、不透明度を適度に下げて重ねます。
ここの色はいろいろ試して、全体の雰囲気を見るといいです。
今回は白が1番明るく映えたので、不透明度を5%まで下げて重ねました。

それだけではまだ寂しかったので、少し遊びます。
ブラシツールの中から光のような形(名前がわからなかった)を選び、サイズを調整しつつ乗せます。
色は同じく白です。
オーバーレイをかければ、いい具合に発光した感じになりました。

最後に文字をオーバーレイで付け足し、加工終了です。
加工によって、同じ絵でも様々な変化を遂げます。
自分の好きなパターンを見つけ、物にしていくと可能性が広がると思います。
ただし、何事も程々が大切。


完成イラスト →

メイキング

  • とっぷ
  • 線画
  • 下地
  • 背景
  • 加工
  • 完成