ステップ2

▽色を塗ろう

この下地作業が1番面倒且つ、1番好きな作業だったりします。
今回はわかりやすくするために、パーツ分けせずに同じレイヤーに塗っていきます。
ですが、後で色の調節をするので、本当はパーツごとに分けていた方が楽です。
ただ、うっかり違うレイヤーに書いてしまって泣きを見るなんてこともあったりするので、ここはお好みで。

自分はブラシでざかざか塗るのが好きなのですが、選択範囲で塗りつぶすほうが手っ取り早いと思います。
ただし、パーツ内をきちんと閉じておかないと面倒なことになるので、ご注意を。

影画像

こうして出来た下地に、影をつけていきます。
下地レイヤーの上に新規レイヤーを作り、「下のレイヤーとグループ化」を選びます。
通常のフォトショップは、レイヤーのところで右クリック→「クリッピングマスクの作成」で出来ます。
そうすると、色分けしたところのみ色を塗ることが出来ます。やったね、たえちゃん!

初めに目を塗っていきます。
基本は下地、薄い色、濃い色の3色です。

目画像

これを指先ツールで馴染ませます。
ぼかしツールと違って、指で絵の具を混ぜたような塗り方ができるので、個人的にお気に入りです。

目画像

なんとなく馴染んだらOKです。
下にちょっとだけ白が入ってます。
光は加工のときに入れるので、今は死んだ魚の目で放置。

影画像

次は全体の影です。
少し血行のいい絵にしたかったので、赤よりのピンクを使います。
勘で影になりそうなところに乗せていきます。良い子は参考資料などを見ましょうね。
全体を見ながら馴染ませます。飽きてきたら楽しいことを考えましょう。

影画像

一通り塗れたら、指先ツールを使って色を馴染ませます。
うまく馴染んだら、バランスを見ながら不透明度を下げて合わせます。
少し寂しかったので、髪の毛の下地の方に元の色より少し濃い色を入れました。

影画像

他のキャラクターたちも同じようにして塗ります。
これだけでもなんとなくマシには見えますね……
細かいところは以下省略、次にいきましょう。


背景作成へ →

メイキング

  • とっぷ
  • 線画
  • 下地
  • 背景
  • 加工
  • 完成