★オススメあにまる2★

ウサギとイグアナ

ドワーフ

ネザーランドドワーフ

体重:900g
体長:約26cm
寿命:5~10年
最長:13~15年
小型ウサギの人気ナンバー1。丸い顔に小さな耳と短い首が特徴です。体は小型で性格はおとなしく、少し神経質な所がありますが、よくなつく事が多いです。
なついてくると頭をなでると喜んだり、催促したりするらしい。機嫌が悪くなると後ろ足で床を叩いたり、ブゥーやクゥーとうなったりします。飼いやすいウサギです。赤ちゃんは暑さ寒さに弱いので注意が必要です。
うさぎ小屋の中で気持ちよさそうに眠っているイメージ。1m先から見守っていたいです。

写真提供 = 無料動物写真素材アニマルフォト
転載不可

このページのトップへ戻る

ハーレクイン

ハーレクイン

体がしま模様で、耳の色、顔の半分が別の色になっている変わった模様の品種です。毛色は黒白の縞(マグパイ)・白黒茶の縞(ジャパニーズ)の2種類だそうです。
原産国はフランスらしいです。体重は4~5kgの中型種で、日本では馴染みの少ないウサギですね。
普通のウサギとは少し違っているが、それがまたカワイイ♡真白な部屋で一緒にゴロゴロしたいイメージ。

このイメージイラストは管理人が書いたものです。本物と見比べるとよくわかりますが、実物とは異なります!

このページのトップへ戻る

フェネック

フェネック

イヌ科の動物の中では最も小さい。耳がとても大きく、眼も黒く大きい。尾の先は黒色。雑食性で植物・虫・ネズミなどを食べます。
跳躍力にすぐれている。夜行性で、昼間は砂漠に掘った巣穴で暑さや寒さを防ぐ。非常に臆病で神経質です。慣れれば、飼い主にも懐く。
耳が大きいというのがチャーミングポイント。ちなみにこんなにも耳が大きくなった理由は「アレンの法則」によるものだそうです。詳しく知りたい人はネットで調べてみてね! 気が付いたら隣に座っていそうなイメージ。

写真提供 = (c)ウェブ屋コプロ
転載不可

このページのトップへ戻る

フクロモモンガ

フクロモモンガ

有袋目 フクロモモンガ科
フクロモモンガ属。齧歯類ではなくカンガルー・コアラと同じ有袋類です。欧米ではシュガーグライダーと呼ばれる。昆虫や果物・野菜を食べます。爪が鋭いぞ!夜行性でおとなしく臆病、においに敏感?そして爪が鋭いぞ!(二回言った
体全体はやわらかい短毛で被われており、前肢と後肢の間には、滑空するための飛膜がついています。最高で90mも飛べます。 家の外にダイブされないように家の戸締りはしっかりとしておきましょう。
巣穴で丸くなってちらっとこっちの様子を窺っているイメージ。引きこもりなんじゃないよ!?きっと慎重なんだ!

イラスト提供=M/Y/D/S動物のイラスト集
転載不可

このページのトップへ戻る

ヤギ

ヤギ

偶蹄目ウシ科
野生化してしまったヤギたちによる環境破壊も問題になっている。
ウシやブタよりもずっと足や口がじょうぶで、 崖や岩場だらけの荒れた土地でも生きていける。かたい木の枝なども食べてしまう。草食です。
ミニヤギは本当に小さいらしい。お金もあまりかからないことからも、最近ではペットとして飼い始める人が増えているとか。
草などの餌を置いておけば勝手に食べるようなので、飼い主さんが一週間くらいのお出掛けをしても大丈夫!なんて逞しい生命力でしょう!知能は猫や犬には劣るので、しつけは難しいです。 蚊にめっちゃ弱いみたいなので飼おうと思っている方は気を付けてくださいね。
鳴き声が思っていたよりも倍大きかったイメージ。牧場に行った時ヤギさん達がいたのですが、餌を要求して結構鳴くんですよね。

写真提供 = 無料動物写真素材アニマルフォト
転載不可

このページのトップへ戻る

フェレット

フェレット

調べてみたら思っていたよりも、沢山カラーがあってビックリしたよ!
好奇心旺盛で人懐っこいけれど、気性が荒いところも。
ケージはよく考えて選ばないと脱走されてしまうよ?
もともと肛門の脇に臭腺と呼ばれる臭い匂いを分泌する腺をもっていて、ペットとして販売されているものは、すでにこの臭腺の除去手術を施したものだそうです。確認したほうが良いかもしれませんね。
鞄とかに入って顔だけ出してそうなイメージ。

写真提供 = 無料動物写真素材アニマルフォト
転載不可

このページのトップへ戻る