縄文・弥生

縄文・弥生時代の土器などに見られる「爪型・縄型・波型」などの文様に家紋の原型を見ることができます。

江戸時代

「権威の象徴」として用いられるようになりました。全国を統治する必要性から「家紋」が「諸大名の代名詞」として格式化されていきました。

平安時代

当時の貴族たちが、牛車や輿・装飾品などの持ち物に好みの「マーク」を付けたのが家紋の始まりとされています。「身印(みしるし)」と呼ばれ、家を象徴する紋章ではなく、
個人を象徴する目印としての意味合いが強かったようです。

明治時代

身分制度がなくなった事により、一般庶民に「苗字」や「家紋」の使用が許され、紋服を着用したり、墓石などに家紋を入れることが増え、明治時代から日本の様子は一変しました。

戦国時代

後醍醐天皇から足利将軍尊氏に桐紋の紋章を賜ったのが武家の家紋の始まりです。その後足利尊氏は褒美として桐紋の家紋を武将に授けました。やがて家紋は武家の間に普及し始めました。

現在

あまり見られることはなくなりましたが、シャツやズボン、ハンカチ等に家紋を縫うサービスを行なっている服屋も存在します。