外国語とは、自国で使われている言葉ではなく、国外で使用されている言葉。
つまり、外国から見れば日本語も「外国語」!
世界の言語は数千百もあるとされ、きちんと数字に出すのは 見つかっていないものや、消失しているものもあるため不可能とされている。
日本では第一外国語として"英語"を教え、
第二外国語で他の言語を学ばせている。
近年はアジア圏の言葉を学ぶ人が増加傾向にある。

ちなみに、本学秋草学園短期大学の文化表現学科では、 英語・韓国語・中国語の授業を選択することができ、 基礎を身につけられる。
かくゆう私も韓国語の受講者であった!