吹奏楽について

指揮者と演奏者

楽器について

体験談

 まず、吹奏楽とは何なのかを説明しようと思います。
 吹奏楽とは、木管楽器・金管楽器・打楽器をベースに構成された演奏形態です。

【コンクール】
 毎年初夏から予選が始まります。A部門からD部門まであり人数やレベルによって大きく分かれます。B部門からD部門までは自由曲のみとなりますが、A部門は課題曲と自由曲の2曲を演奏します。

【歴史】


 吹奏楽の歴史は古代エジプトまで遡ります。ラッパと太鼓類主に、行進を伴奏する情景が壁画に描かれている。古代ローマ時代には編成も大きくなり、中世の軍学の基となってきます。
 日本では1869年に青年がイギリス人から指導を受け陸軍・海軍の軍楽隊が発足した時からとされています。大正時代になると学校音楽に吹奏楽が取り入れられ、一般市民の中に広まってきます。昭和に入ってから(社)全日本吹奏楽連盟が発足し、コンクールや演奏会が多く行われるようになりました。